一般歯科General dentistry

虫歯治療

虫歯治療

虫歯の原因

虫歯は私たちとって最も身近な口の病気であり、ほとんどの方が「虫歯を治すために歯医者さんに行った」という経験があるかと思われます。
そんな身近な病気、虫歯の原因は何なのでしょうか。

口の中にはたくさんの細菌がいます。この細菌が集まると『歯垢』という粘着性の物質となり、歯の表面に付着します。歯垢の中の細菌は、食べかすなどに含まれる糖を取り込み、酸を出します。その酸がエナメル質(歯の表面)の内部に浸透して歯を溶かします。これを『脱灰』(だっかい)といい、進行すると硬い歯が軟らかくなって穴があいてしまいます。
ただし、唾液には脱灰した部分を修復する働きがあるため、ごく初期段階の脱灰であれば自然に元の状態に戻ります。これを『再石灰化』といい、脱灰と交互に繰り返されます。
しかし、頻繁な飲食などで歯に糖が付着している時間が長いと、脱灰が優位になってしまいます。そうなると再石灰化が間に合わず、脱灰で穴があいた部分に細菌が侵入し、さらに穴が深くなっていきます。これが『虫歯』といわれる状態です。

このように、細菌の働きや、脱灰・再石灰化のバランスの崩れが虫歯の主な原因ですが、自分に合った適切な歯磨きができておらず、歯垢を落としきれないことも原因となるため、適切な歯磨きを身につけることが大切です。
ほかにも、親が虫歯になりやすいDNAを持っていると、それが子どもに受け継がれ、虫歯になるということがあります。

虫歯の進行と治療方法

虫歯の進行は段階によって『CO」』(シーオー)から『C4』(シーフォー)の5つに分けられます。『C』は虫歯を意味する専門用語『Caries』(カリエス)から取ったものです。
虫歯は、各段階によって症状と治療法が異なります。

  • CO(経過観察期)
    CO(経過観察期)
    症状

    エナメル質が一時的に脱灰している状態で、見た目ではわからず、自覚症状もありません。

    治療方法

    適切な歯磨きをしていれば、再石灰化で元に戻ります。

  • C1(初期)
    C1(初期)
    症状

    脱灰がエナメル質まで進行した状態で、自覚症状はほとんどありません。

    治療方法

    患部を削り、レジン(プラスチック)を詰めます。

  • C2(中期)
    C2(中期)
    症状

    脱灰が象牙質まで進行した状態で、しみたり、ときどき痛みが出ます。

    治療方法

    患部を削って型を取り、患部が小さければ金属などの詰め物で補い、大きければ金属やセラミックなどの被せ物で補います。

  • C3(後期)
    C3(後期)
    症状

    脱灰が歯髄(神経)まで進行した状態で、お湯がしみたり、眠れないほど強い痛みが出ます。

    治療方法

    根管治療(歯髄を取り除き、除菌して薬を詰め、被せ物で補う治療)を行ないます。

  • C4(末期)
    C4(末期)
    症状

    脱灰が進行して歯冠(歯肉の上に見えいている部分)が破壊され、歯根だけ残った状態で、神経が壊死しているので、痛みはありません。

    治療方法

    抜歯して入れ歯、ブリッジ、インプラントなどで補います。

このように、虫歯の深さが歯の神経に近づくほど、しみたり痛んだりという症状が酷くなり、治療の時間や費用がかかるようになります。
そのような事態を避けるためには、早期発見、早期治療が大切です。「虫歯かな」と思ったらすぐに歯科医院に行きましょう。また、虫歯を予防するためには、日頃から適切な歯磨きを行ない、定期検診を受けることが大切です。

小児歯科

小児歯科

小児歯科とは

口の健康づくりは、乳歯が生えてきたときから始まります。乳歯の虫歯や歯並びは永久歯に影響するため、乳歯の異常を「いずれ永久歯に生え変わるから」と放置すると永久歯に悪影響を及ぼし、将来、口の健康を守ることが難しくなってしまいます。
『小児歯科』では、虫歯になりにくい歯、また、整った歯並びや正しい噛み合わせになることを目指し、お子さまの口と顎の成長を観察しながら、病気の予防と治療を行ないます。

特に乳歯や生えたての永久歯は、エナメル質(歯の表面)が軟らかいので虫歯になりやすく、虫歯になったら早く進行してしまいます。
口内環境を整えて虫歯を予防するため、当院では以下のような取り組みを行なっています。

  1. フッ素塗布

    『フッ素』を歯の表面に塗ります。
    フッ素には、細菌が酸をつくる力を抑え、歯を酸に溶けにくい性質にする働きがあります。また、再石灰化(溶けた部分を修復する働き)を促す働きがあります。

  2. 歯磨き指導

    お子さまの歯並びや噛み合わせに合った磨き方を、わかりやすく指導します。
    また、ご家庭でも指導や仕上げ磨きができるよう、ご家族の方にもお子さまの歯の磨き方をご説明します。

  3. 定期検診

    3~6ヵ月に1回定期検診を受け、フッ素塗布や歯磨き指導を受けることで、虫歯の予防効果が上がります。虫歯になっていたとしても、早期発見、早期治療につながり、お子さまの肉体的・精神的負担が少なくなります。
    また、お子さまが歯科医院に抵抗を持たないようにするためにも、定期的に通院し、院内の雰囲気や処置に慣れさせることが大切です。

定期検診

大人でも歯科治療に対して恐怖心や緊張感をお持ちの方は多いものです。ましてや子どもであれば、「何をされるかわからない」という不安もあり、その恐怖心や緊張感が大きなストレスとなります。
「悪いことすると歯医者さんに連れて行っちゃうよ」など、歯科医院に対して悪いイメージを持たせるようなことは言わないようにし、ご家族の方が通院するときに一緒に連れて行ったり、日頃から歯の働きや大切さ、歯科医院の役割などを教えてあげるようにしましょう。
お子さまが歯科医院に対して抵抗感を持たないようにするため、口の健康に関心を持たせることが大切です。

無痛治療

無痛治療

無痛治療とは

歯科治療に対して恐怖心や緊張感をお持ちの方はたくさんいらっしゃいます。治療中に痛みを感じることで通院が嫌になり、治療を中断して放置してしまう方も珍しくありません。それでは治るはずの病気がさらに進行し、口の健康を守ることが難しくなってしまいます。
そのような事態を避けるため、当院では『無痛治療』を行なっています。無痛といっても、完全に痛みがなくなるわけではありません。しかし、通常の治療に比べ痛みを大幅に抑えられるので、安心して治療を受けていただけます。

治療の痛みをなくすためには麻酔が欠かせませんが、その注射の痛みが嫌だという方はたくさんいらっしゃいます。
麻酔注射の痛みは、歯肉に針を刺すときと麻酔液を注入するときに出るため、その痛みを軽減できるよう、さまざまな工夫を凝らしています。

  1. 表面麻酔を使う

    麻酔注射の針を刺す前に歯肉にジェル状の麻酔を塗り、針を刺すときの痛みを軽減します。

  2. 細い針を使う

    注射の針は、細いほど刺す時の痛みが少なくなります。無痛治療で使用する針は、一般に採血などで使用する針の1/3の太さなので、針を刺すときの痛みを軽減できます。

  3. 温かい麻酔液を使う

    麻酔液と体温に差があると刺激を感じるので、麻酔液を体温ほどの温かさにして、温度差による刺激をなくします。

ほかにも、無痛治療には以下のような方法があります。

  1. 笑気吸入鎮静法

    笑気ガスを吸入することで、リラックスした状態で治療を受けられます。治療中の痛みや不快な音などを感じることはありません。

  2. 静脈内鎮静法

    静脈に少量の精神安定剤を投与することで、落ち着いた気持ちで治療を受けられます。治療時間が短く感じられ、治療後は治療中のことをほとんど覚えていません。

静脈に少量の精神安定剤を投与することで、落ち着いた気持ちで治療を受けられます。治療時間が短く感じられ、治療後は治療中のことをほとんど覚えていません。

無痛治療は、歯科治療に対して恐怖心や緊張感をお持ちの方だけではなく、お子さまやご高齢の方にも有効です。ストレスなく治療を受けたいという方は、ぜひご相談ください。

レーザー治療

レーザー治療

『レーザー治療』はレーザー光を当てて患部を取り除く治療方法です。レーザーはとても強力な光で、照明器具や懐中電灯の光のように拡散せず平行に発せられます。そのため、力を一点に集中させることができ、健康な部分を削ることなく患部のみ取り除くことができます。
また、通常の器具で削るときのような振動がなく、麻酔注射をしなくても痛みをあまり感じないのが特徴です。

しかし、光で歯を削るため、通常の器具ほど正確に削ることができません。そのため、被せ物で補うような大きな虫歯の治療には向いておらず、詰め物で補うような小さな虫歯の治療で多く使われます。大きな虫歯を治療するときは、レーザーだけでなく麻酔注射と通常の器具を使うのが一般的です。

現在、歯科治療には4種類のレーザーが使われています。その種類によってできる治療は異なりますが、主に以下のような効果があります。

  1. 殺菌効果

    高温で細菌などが一瞬で蒸発するため、虫歯や歯周病などの予防・治療効果がります。

  2. 止血効果

    組織が瞬時に蒸発し、歯肉を切っても出血が起こりにくいなど、止血効果があります。手術後の痛みも出にくくなります。

  3. 麻酔効果

    麻酔注射をせずに治療できる範囲が増えます。だたし、通常の麻酔ほどの効果はありません。

  4. 歯の切削効果

    範囲が狭ければ歯を削るように穴をあけられます。ただし、通常の器具で削るよりも時間がかかります。

また、レーザーは主に以下のような治療に使われています。

  1. 虫歯治療

    レーザー光によって虫歯部分が蒸発し、歯の表面が硬くなって虫歯になりにくい状態にできます。特に初期虫歯には効果的です。

  2. 歯周病治療

    歯肉が腫れたときに歯周ポケット(歯と歯肉の境目)にレーザーを当てることで、細菌の減少や内部のうみが出やすくなり、腫れが治まります。

  3. 歯根の治療

    歯根の内部にレーザーを当てることで細菌が減少し、乾燥もできます。

  4. 知覚過敏

    歯の根元近くの象牙質(歯の主要部分)にレーザーを当てることで、刺激の通り道をふさげるため、知覚過敏を解消できます。

  5. 口内炎の治療

    消炎・鎮痛効果があるため、早い段階で症状を改善できます。

  6. 歯肉形成

    歯肉の切開や形状の修整などに使われ、歯肉の黒ずみなどもきれいになります。

レーザーは種類が豊富で応用範囲が広いため、上記以外にもさまざまな治療で使用されています。今後もさまざまな効果を上げることが期待されています。

入れ歯

入れ歯

当院の入れ歯

『入れ歯』は、歯を失ったときに歯のない部分に装着し、自分の歯の代わりとして使うものです。
入れ歯の種類は大きく2つに分かれます。すべての歯がないときには『総入れ歯』、歯が1本でも残っているときには、残っている歯を利用して固定する『部分入れ歯』をつくります。

総入れ歯にも部分入れ歯にもそれぞれ種類がありますが、健康保険が適用される保険診療のもの、健康保険が適用されない自費診療のものがあります。

保険の入れ歯は低額でつくることができますが、使える材料が制限されています。そのため、使用感や噛み心地、見た目など患者さまのご希望に沿えないことがあります。歯のない状態は避けられ、噛めるようになるので、入れ歯としての必要最低限の役割は果たせますが、機能性や審美性を追求することはできません。
また、保険で入れ歯をつくる場合、一度つくったら、別の歯科医院に変えたとしても6ヵ月経たないと新しい入れ歯をつくることができません。

自費の入れ歯は高価ですが、使える材料に制限がありません。そのため、使用感や噛み心地、見た目など患者さまのご希望に沿ったものをつくることができます。機能性や審美性を追求することができるので食事や会話などに不自由せず、ストレスなく快適に過ごしていただけます。

食事や会話は日常生活に欠かせませんが、それらにストレスを感じることでQOL(Quality of Life:生活の質)が低下し、心身の健康が維持できなくなってしまいます。
患者さまに心身の健康を維持・向上していただくためにも、当院では『金属床義歯』や『アタッチメント義歯』など自費の入れ歯をお勧めしています。もちろん、無理に自費の入れ歯をお勧めするということではありません。ご希望やご予算に応じた入れ歯づくりを目指し、患者さまに満足いただけるよう努めています。

「違和感がある」「留め金が目立つ」など、いまお使いの入れ歯にお悩みのある方、これから入れ歯をつくりたいという方はぜひご相談ください。

金属床義歯

金属床義歯

『金属床義歯』は、入れ歯の床(しょう:歯肉や粘膜を覆い、人工歯を支える部分)がチタンなどの金属でできている入れ歯です。

  • 金属床義歯のメリット
    • フィット感に優れ、違和感が少ない
    • 食べ物や飲み物の温度を感じられるので、おいしく食事できる
    • 汚れがつきにくいので、清潔な状態で使える
  • 金属床義歯のデメリット
    • 金属アレルギーになる心配がある
    • 破損すると修理が難しい

アタッチメント義歯

『アタッチメント義歯』は、歯根に金属を埋め込み、入れ歯に小型磁石を取り付けた入れ歯です。

  • アタッチメント義歯のメリット
    • 留め金がないので、審美性に優れている
    • 強力な磁力で固定するので、がたつかず安定感がある
    • 磁力で自然に固定されるので、取り外しが簡単で使いやすい
  • アタッチメント義歯のデメリット
    • 歯根が残っている方にしか適用できない
    • 費用が高額になる

『金属床義歯』や『アタッチメント義歯』をご検討の方は、まずはお気軽にご来院ください。症状を拝見し、適用できるかどうか診断します。
『金属床義歯』や『アタッチメント義歯』を希望されても、症状やライフスタイルによってはほかの入れ歯や『ブリッジ』(両隣の歯を削って支えとし、人工歯を入れる治療方法)、『インプラント』(人工歯根と人工歯で補い、自分の歯の代わりとする治療方法)の方が合うこともあるので、ご相談のうえで治療方法をご提案します。