予防歯科Preventive dentistry

予防歯科とは

予防歯科とは

予防歯科とは

以前は、歯科医院は「病気になったら行くところ」と考えられていましたが、最近では「病気にならないように行くところ」という考え方へと変わってきています。
これを『予防歯科』といい、歯科医療業界では、虫歯や歯周病に「なってから治療を受ける」のではなく、「ならないように予防する」ことが推奨されています。

予防歯科には、自分でできる『ホームケア』と歯科医院で行なう『プロケア』があります。

ホームケア

『ホームケア』は日頃から自分で取り組めるケアです。最も手軽にできるのが歯磨きです。

歯磨き 歯磨き

虫歯や歯周病の原因は歯垢(細菌の塊)です。歯垢は歯と歯肉の境目、歯と歯の境目などに溜まりますが、歯ブラシが届きづらいため、きちんと磨いているつもりでも磨き残しが多くなってしまいます。その部分は特に丁寧に磨き、磨き残しをなくすように努めましょう。
歯ブラシは、ヘッド(毛の付いている部分)が小さめで、毛が柔らかすぎず硬すぎないものを選ぶと、より磨きやすくなります。鉛筆と同じ持ち方をして、力を入れず小刻みに動かしながら1本ずつ丁寧に磨きます。
より効果的に予防するためには、歯科医院で歯磨き指導を受けることがお勧めです。特に、歯並びに問題のある方や磨き方に癖のある方は、磨き残しが多くなりがちなので、歯科医院で適切な磨き方を教えてもらって実践することで、予防効果を上げることができます。

プロケア

『プロケア』は、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が行なうケアです。毎日受けることはできませんが、定期的に受けることで予防効果を上げることができます。

PMTC PMTC

『PMTC』は、『Professional:専門家による』『Mechanical:機械的な』『Tooth:歯の』『Cleaning:清掃』という意味です。
自分で歯磨きすると磨き残しが出たり、歯周ポケット(歯と歯肉の境目)などの細かい部分を磨くのが困難ですが、それらを歯科医院の専用機器でクリーニングしてもらうことで、きれいに汚れを取り除くことができます。
歯石を取り除くときのように痛みのある治療ではなく、心地よい治療となります。
歯ブラシでは落とせなかった汚れをきれいに取り除き、仕上げにフッ素を塗るので、効果的に虫歯や歯周病を予防できます。
口の中をすっきりさせたいという方、歯周病の治療が終わって口の健康を維持したい方、矯正治療中で装置の周りの汚れなどをきれいに取り除くのが難しいという方、ブリッジなどで歯のない部分を磨きたいという方にもお勧めです。

歯磨き指導 歯磨き指導

きちんと歯を磨いているつもりでも、歯並びによって磨きにくい部分があったり、磨き方に癖があるため、実は磨けていないという方がたくさんいらっしゃいます。
歯垢は歯ブラシの届きにくい歯と歯肉の境目、歯と歯の境目などに溜まりやすいため、そこをしっかりと意識して丁寧に磨くことが大切です。
当院では、適切な歯磨きをしていただけるよう、患者さまひとりひとりの歯並びや噛み合わせに合った磨き方を、わかりやすく指導しています。
歯垢を減らすためには、「ただ磨いている」のではなく、「きちんと磨けている」ようにすることが大切です。

定期検診 定期検診

虫歯や歯周病になってから治療を受けると、初期段階であれば治療期間や治療費がかからずにすみますが、症状が進行してから治療を受けると、治療が複雑になって時間がかかったり、特別な処置で費用がかかるなど、患者さまのストレスが大きくなります。
また、病気になった歯は、治療を受けても元の健康な状態に戻ることはなく、弱くなります。つまり、治療を繰り返すことによって歯はどんどん弱くなり、口の健康を守ることが難しくなってしまうのです。
そのような事態を避けるために必要なのが、『定期検診』です。
定期検診では、虫歯や歯周病の有無、歯並びや噛み合わせ、顎の異常、適切な歯磨きができているかなどの確認を行ないます。そこで病気を発見できればすぐに治療を受けられるので、進行が防げます。
最低でも半年に1回、できれば3~4ヵ月に1回は定期検診を受けましょう。虫歯や歯周病になっている方は治療を受けて再発を防ぎ、なっていない方は発症しないように予防に努めることが大切です。

ホームケアもプロケアもそれぞれ大切ですが、どちらか一方だけ行なっても病気の予防効果は上がりません。ホームケアを毎日行ない、プロケアを定期的に受け、2つのケアを両立することで効果的に病気を予防できます。毎日のケアを欠かさず、歯科医院を上手に利用し、口の健康を守りましょう。