歯周病科periodontal

歯周病治療とは

歯周病治療とは

歯周病の症状

『歯周病』というと、以前は中高年層以上の年齢の方がなる病気とされていました。しかし最近では子どもや若年層の方でもなり、日本人の成人では80%以上の方が歯周病になっているといわれています。
国民病ともいうべき身近な歯周病ですが、歯周病とはどのようなものなのでしょうか。

口の中にはたくさんの細菌がおり、この細菌が集まると『歯垢』という粘着性の物質となります。歯垢は歯磨きで落とすことができますが、丁寧に磨いていても完全に落としきることはできないため、少しずつ歯周ポケット(歯と歯肉の境目)に溜まっていきます。
歯垢の中の細菌は毒素を出すため、歯肉が炎症を起こし、腫れや出血が見られるようになります。それと同時に、歯槽骨(歯を支える骨)が少しずつ溶けはじめます。やがて歯がぐらつくようになり、放置していると最終的には歯が抜け落ちてしまいます。これを『歯周病』といいます。

歯周病になっても痛みなどが出るわけではないので、自覚症状がないまま進行してしまいます。自分で気づかないことがほとんどで、「虫歯の治療で歯医者さんに行ったら歯周病と言われて初めて知った」という方も珍しくありません。異変に気づいたときには重症になっているということもよくあります。

歯周病は症状に気づきにくい病気ではありますが、一夜にして歯がぐらつくなどの症状が出るわけではありません。進行する段階で何らかの変化があるので、早い段階でそこに気づくことができれば、治療の時間や費用がかからずにすむため、症状を理解しておくことが大切です。

歯周病の進行と治療方法

歯周病の進行は、段階によって大きく初期・中期・末期の3つに分けられ、各段階によって症状と治療法が異なります。

  • 初期
    初期
    症状

    無症状なことが多いですが、歯肉に歯ブラシを当ててゆっくり動かすと出血することがあったり、歯のうずきや歯肉の腫れぼったさを感じることがあります。

    内部の状態

    歯周ポケットのごく浅い部分に歯石(歯垢が固まって石灰化したもの)がつきはじめていますが、歯槽骨はまだ溶けていません。

    治療方法

    歯石のついていないごく初期の段階であれば、適切な歯磨きで治ります。
    歯石がつきはじめている場合、スケーリング(専用器具で歯石を取り除く)という処置を行ないます。

  • 中期
    中期
    症状

    水がしみるようになり、歯磨きすると歯肉から出血します。また、歯肉を押すとうみが出て、口臭がするようになります。歯のぐらつきはありません。初期の段階から数年経つと見られることが多くなります。

    内部の状態

    歯周ポケットの少し深い部分に歯石がついており、歯のぐらつきがなくても歯槽骨が溶けはじめています。歯周ポケットが深くなっており、歯磨きだけでは汚れが落ちないため、どんどん進行していきます。

    治療方法

    スケーリングだけでは歯垢を取り除けないため、ルートプレーニング(専用器具で歯周ポケットの内部に溜まった歯石を取り除き、ざらざらしている歯の表面を滑らかにして歯垢をつきにくくする)という処置を行ないます。

  • 末期
    末期
    症状

    歯磨きするたびに歯肉から出血します。歯肉を押すとうみが出て、口臭が酷くなります。歯を噛み合わせるだけで、歯がぐらつきます。

    内部の状態

    歯周ポケットの奥深い部分まで歯石がついており、歯肉が剥がれて歯を支えられなくなっています。また、歯槽骨の大部分が溶けています。

    治療方法

    フラップ手術(麻酔後に歯肉を切開して、奥深い部分の汚れを実際に見ながら取り除く)という処置を行ないます。

このように、歯周病は進行するほど症状が酷くなり、末期には外科的な処置が必要になるなど、治療の時間や費用がかかるようになります。
そのような事態を避けるためには、早期発見、早期治療が大切です。各段階の症状を理解し、「歯周病かな」と思ったらすぐに歯科医院に行きましょう。
また、歯周病を予防するためには、日頃から適切な歯磨きを行ない、定期検診を受けることが大切です。

歯周病の予防

歯周病の予防

歯周病の症状

歯周病を予防するために最も効果的なのは、『プラークコントロール』です。プラークコントロールは、歯や歯肉についたプラーク(歯垢)を取り除き、増えないようにすることです。歯垢は丁寧に歯磨きしていても完全に取り除くことはできませんが、量を減らすことならでき、それを続けることが歯周病の予防につながります。

私たちが最も手軽にできるプラークコントロールは歯磨きです。毎食後適切な歯磨きをすることで歯垢を取り除き、増加を抑えることができます。

取り残した歯垢は、時間が経つと石灰化して歯石へと変わります。歯石は硬いため、歯磨きでは取り除くことができなくなってしまいます。そのようなときは、歯科医院でスケーリングやルートプレーニングなどを受けて取り除きましょう。

日頃からプラークコントロールを行なって歯垢の除去と減少を心がけ、歯周病を予防しましょう。