矯正歯科Orthodontic

矯正歯科とは

矯正歯科とは

矯正歯科とは

『矯正歯科』では、出っ歯、受け口、すきっ歯、八重歯などの歯並びを、矯正装置を使って美しく整える治療を行ないます。

矯正治療を受けるほとんどの方が「歯並びが悪くて恥ずかしい」という理由で治療を希望されます。
確かに、整った歯並びに改善することで顔の印象が変わり、笑顔が魅力的になるため、治療を受けて見た目を改善することには大きな意味があります。しかし矯正治療にはそれ以外にも大きな意味があるのです。

それは、噛み合わせの改善ができるということです。
歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなって身体のバランスが崩れ、頭痛、肩こり、腰痛などの原因になります。そして噛み合わせが悪いと、食べ物をきちんと噛めないまま飲み込むため、消化器官に負担がかかります。このように、歯並びの悪さは全身の健康に悪影響を及ぼすため、全身の健康を取り戻せる矯正治療には大きな意味があるのです。
また、歯並びが悪いと、歯ブラシがきちんと行き届かず虫歯や歯周病の原因にもなってしまいますが、それらを予防できるという視点からも、歯並びを整えることは大切だといえます。

矯正歯科には、大人が受ける『成人矯正』と子どもが受ける『小児矯正』があります。

成人矯正

成人矯正

大人になってから受ける矯正治療を『成人矯正』といいます。
矯正治療は子どもが受けるものというイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、大人になってからでも十分に効果を得られます。大人は治療の目的がはっきりしており、意識的に治療に臨めるため、ケアがきちんと行き届き、効率的に治療を進められます。

矯正治療というと目立つ装置をつけるイメージがあるため、「治療を受けたいのにためらっている」という方もいらっしゃるかと思われますが、最近では従来の装置に比べて目立たないものが出てきているため、目立たない装置を使って治療を受けることもできます。

ご希望をお聞きし、症状やライフスタイルに合った装置をご提案するので、矯正治療をご検討の方はお気軽にご相談ください。

小児矯正

小児矯正

子どものうちに受ける矯正治療を『小児矯正』といいます。
大人とは異なり、成長期の子どもは身体だけでなく顎の骨も成長するため、その時期に治療を受けることで、歯だけでなく骨自体を動かし、顎の成長を正しい方向へと促すことができます。その結果、整った歯並びと正しい噛み合わせへと改善でき、全身の健康を守ることができます。

また、歯並びや噛み合わせが悪いと、顔や身体の歪みを引き起こします。それを友だちにからかわれるなどして、容姿がコンプレックスとなり、心身の健全な成長が妨げられる可能性もあります。そのような事態を避けるためにも、子どものうちに治療を受けることには大きな意味があります。

お子さまの歯並びや噛み合わせが気になるという方は、早い段階での治療開始によりワイヤーを使わず床矯正の治療をオススメしております。

矯正治療の流れ

矯正治療は、一般的に以下のような流れで行ないます。

  1. ① カウンセリング

    患者さまのお悩みやご希望などをお聞きします。また、治療の内容・期間・費用など、治療に関する概要をご説明します。
    この段階で治療を受けることを決めていただくことはないので、カウンセリングをもとにご検討ください。

  2. ② 検査、診断

    レントゲン撮影、噛み合わせの検査などを行ない、口の中の状態を把握します。
    検査結果から総合的に診断して治療計画を立てます。

  3. ③ 治療計画の立案

    ご希望を考慮し、診断結果を元に患者さまに合う治療方法をご提案します。
    治療計画を立て、実際に考えられる治療の期間や費用などをご説明します。

  4. ④ 治療開始

    矯正装置をつけて歯を動かし、歯並びを少しずつ整えていきます。
    治療中は定期的に通院していただき、調整と経過観察を行ないます。

  5. ⑤ 保定・観察期間

    歯並びが整ったら装置を外し、保定期間に入ります。歯を動かした後は周りの骨がしっかりと固定されていたいため、元の位置に戻ろうとします。それを防いで保定するため、取り外し式の『保定装置』をつけます。保定できたら、矯正治療が完了します。

  6. ⑥ 定期検診

    治療が終わった後も3~6ヵ月に一度、定期検診を受けていただき、虫歯や歯周病の有無、歯並びや噛み合わせ、顎の異常、適切な歯磨きができているかなどの確認を行ないます。
    定期検診を受けないと口の健康が損なわれ、整った歯並びが台無しになってしまいます。歯科医師の指示に従い、必ず定期検診を受けましょう。

以上の治療の流れは一般的なものなので、症状などによっては上記の内容とは異なる場合があります。
不安な点やもっと詳しく知りたいことなどがある方は、お気軽にお尋ねください。

矯正装置の種類

ワイヤー矯正

『ワイヤー矯正』は、歯1本ずつに『ブラケット』というものをつけ、そこにワイヤーを通して歯を動かす装置です。一般的に矯正治療というと、この装置をイメージする方が多く、同時に装置が目立つというイメージも持たれるのではないでしょうか。
しかし最近では、つけていることが目立たない審美性に優れた装置が出ており、ワイヤー矯正でも抵抗なく治療を受けている方もいらっしゃいます。
ワイヤー矯正で使うブラケットには、主に以下のような種類があります。

  1. メタルブラケット

    金属でできている装置です。
    金属なので目立ちますが、最近ではブラケットが小さくなっているので、以前よりは目立たなくなっています。

  2. プラスチックブラケット

    透明なプラスチックでできている装置です。
    多少金属が見えますが、ほとんど目立ちません。

  3. セラミックブラケット

    セラミックでできている装置です。
    ぱっと見では矯正装置をつけていることがほとんどわかりません。

  4. リンガルブラケット

    矯正装置を歯の表側ではなく裏側につける治療方法です。
    そのため、周りの人に気づかれずに歯並びを整えることができます。

『ワイヤー矯正』をご検討の方は、まずはお気軽にご来院ください。症状を拝見し、ご希望を考慮したうえで適したものをご提案します。

床矯正

床矯正

『床矯正』(しょうきょうせい)は、取り外し式の入れ歯のような形状をした矯正装置です。床(しょう:歯肉や粘膜を覆い、人工歯を支える部分)にねじやばねを埋め込んで歯列を左右に広げて拡大し、歯を動かします。

主に、乳歯、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)の小児矯正治療で使われます。永久歯では保定などに使用されます。
とくに出っ歯、八重歯、混合歯列期の過蓋咬合(上の歯が下の歯を深く覆っている状態)などに効果がありますが、それ以外の症状には適応しないこともあります。

自分で取り外せて、日中は装着しなくてもよいので、周りの人に気づかれずに歯並びを整えることができます。しかし、1日の装着時間が短いと効果が現れにくくなるため、外すのは歯磨きのときや装置を洗浄するときだけにし、長時間(1日12時間以上)装着するようにしましょう。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正

『マウスピース矯正』は、ワイヤーやブラケットを使わない、マウスピース型の装置を使う方法です。
薄いプラスチックでできており、透明度が高いので、目立たず、周りの人に装着していることを気づかれにくいのが特徴です。食事や歯磨きのときは、取り外すことができます。
見た目や違和感が気になり、今まで治療に踏み切れなかったという方にお勧めの方法です。

治療期間は、一般的な装置を使う場合とほとんど変わりません。痛みも抑えられ、装着したときの違和感もほとんどないので、日常生活に支障はありません。また、取り外せるので、歯磨きなどのケアが治療前と同じようにできます。そのため、口の中の衛生状態を保つことができ、一般的な装置に比べて虫歯になる危険性が低くなります。

ただし、重度の叢生(でこぼこの歯並び)の方など、症例によっては適用できないことがあるので、マウスピース矯正をご希望の方は、まずはご相談ください。実際に症状を拝見し、マウスピース矯正が可能かどうかを判断します。マウスピース矯正が適さない場合は、ほかの方法をご提案させていただきます。