インプラントimplant

インプラント

インプラントとは

インプラントとは

『インプラント』は、歯を失ったときにインプラント(人工歯根)と人工歯で補い、自分の歯の代わりとする治療方法です。
具体的には、歯のない部分の顎の骨に、チタンという人体になじみやすい金属でできたインプラントを埋め込みます。骨とインプラントが結合して一体化するため、緩んだり外れたりすることはありません。
その上に、セラミックという白い陶材でできた人工歯を装着します。歯に近い色調や光沢を持っているので、本物の歯のように見えます。

機能性と審美性を備えているというメリットがあるため、入れ歯やブリッジに代わる治療方法として注目されており、最近ではインプラントを扱う歯科医院も治療を受ける方も増えています。
しかしデメリットもあるので、そこをきちんと理解して治療を受けることが大切です。

  • インプラント治療のメリット
    • 顎の骨とインプラントが固定されるので、硬いものでも力を入れてしっかりと噛めるようになる
    • 人工歯が自分の歯のような質感なので、自然に仕上がる
    • 入れ歯のように装着するタイプの人工歯ではないので、口の中で違和感がない
    • ブリッジ(両隣の歯を削って支えとし、人工歯を入れる治療方法)のように健康な歯を削る必要がない
  • インプラント治療のデメリット
    • 骨にインプラントを埋め込むための外科手術が必要になる
    • 骨とインプラントが結合するまで3~6ヵ月待つので、治療期間が長くなる
    • 自費診療なので一般的に1本25~50万円ほどとなり、費用が高額になる
    • 心臓病や高血圧などの全身疾患があると治療できないことがある
    • 自分の歯のときよりも丁寧なケアが必要になる

インプラント治療をご検討の方は、まずはお気軽にご来院ください。症状を拝見して精密検査を行ない、インプラント治療を適用できるかどうか診断します。
インプラント治療を希望されても、症状やライフスタイルによっては入れ歯やブリッジの方が合うこともあるので、ご相談のうえでほかの治療方法をご提案します。

インプラント治療とほかの治療との違い

失った歯を補う治療方法には、インプラントのほかにもブリッジや入れ歯があります。
それぞれに違いがあるので、以下のようにさまざまな視点から比較し、どれが自分に合うかを検討することが大切です。

噛む力
  • インプラント

    自分の歯とほぼ同じ

  • 入れ歯

    総入れ歯は自分の歯の10~20%、部分入れ歯は30~40%

  • ブリッジ

    ブリッジをかける歯の状態によるが、自分の歯の約60%

噛み心地
  • インプラント

    自分の歯とほぼ同じ

  • 入れ歯

    噛む力が非常に弱いので、大きなものが食べにくい。また、粘着性のあるものが非常に食べにくい

  • ブリッジ

    支えにする歯が健康であれば、自分の歯とあまり変わらない

見た目
  • インプラント

    自分の歯とほぼ同じ

  • 入れ歯

    保険のものは入れ歯であることがわかる

  • ブリッジ

    違和感は少なく、セラミックにすることでさらに自然に仕上がるが、自費になる

ほかの歯への負担
  • インプラント

    健康な歯を傷つける必要がないため、負担がかからない

  • 入れ歯

    部分入れ歯は留め金を掛けた歯が数年でぐらつき始めるため、抜歯する可能性が高くなる

  • ブリッジ

    両隣の健康な歯を削る必要がある

味覚
  • インプラント

    自分の歯とほぼ同じ

  • 入れ歯

    保険のものは熱や味を感じにくい

  • ブリッジ

    自分の歯とほぼ同じ

顎の骨の吸収(刺激が届かず骨が痩せて骨量が少なくなる現象)
  • インプラント

    骨に刺激が届くので、骨が吸収されない

  • 入れ歯

    歯を失った部分から骨の吸収が始まる

  • ブリッジ

    歯を失った部分から骨の吸収が始まる

使用できる年数
  • インプラント

    きちんとケアできていれば30年程度使える

  • 入れ歯

    7~8年程度で、歯肉が痩せて合わなくなる

  • ブリッジ

    8年程度で、顎の骨の吸収の度合いによって変わる

治療期間
  • インプラント

    骨とインプラントの結合を待つので長期間になる

  • 入れ歯

    複雑なものでなければ短期間ですむ

  • ブリッジ

    複雑なものでなければ短期間ですむ

費用
  • インプラント

    自費なので高価になる

  • 入れ歯

    保険のものであれば低額ですむ

  • ブリッジ

    保険のものであれば低額ですむが、審美性を重視してセラミックにすると自費になる

治療後の問題点
  • インプラント

    非常に安定感に優れているが、インプラント周囲炎(歯周病のような病気)に注意する必要がある

  • 入れ歯

    歯肉が痩せて合わなくなるので、その度に調整が必要になる

  • ブリッジ

    歯肉の状態によってはつくり直す必要があり、支えにする歯が虫歯になったらやり直す必要がある

インプラント治療の流れ

インプラント治療は、一般的に以下のような流れで行ないます。

  1. カウンセリング ① カウンセリング

    患者さまのお悩みやご希望などをお聞きします。また、治療の内容・期間・費用など、治療に関する概要をご説明します。
    この段階で治療を受けることを決めていただくことはないので、カウンセリングをもとにご検討ください。

  2. 検査、診断、治療計画の立案 ② 検査、CT撮影、治療計画の立案

    レントゲン撮影、CT撮影、噛み合わせの検査、顎の骨の高さや幅の検査などを行ない、口の中の状態を把握します。検査結果から総合的に診断して治療計画を立てます。検査の結果、インプラント治療が適さないと判断した場合は、ほかの治療をご提案します。

  3. インプラントの埋入手術 ③ インプラントの埋入手術

    歯肉を切開して、顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込みます。手術にはインプラントの先端を歯肉から出したままにする『一回法』と、インプラントの先端まで歯肉で覆う『二回法』があるので、症状に合わせてどちらかを選びます。

  4. 治療開始 ④ 治療開始

    顎の骨の状態によって異なりますが、インプラントと骨の結合を3~6ヵ月ほど待ちます。その期間中は仮歯を使うことができるので、歯がないという状態を避けられます。

  5. 歯肉の切開(二回法のみ) ⑤ 歯肉の切開(二回法のみ)

    二回法を行なった場合は、再び歯肉を切開してインプラントの先端を露出させ、インプラントと人工歯を連結させる『アバットメント』という部品を装着します。

  6. 人工歯の作製・装着 ⑥ 人工歯の作製・装着

    仮歯を装着して細部を調整し、装着感や審美性に違和感がなければ人工歯をつくって装着します。
    その後、適切なケアや定期検診などについてご説明します。

  7. 定期検診 ⑦ 定期検診

    3~6ヵ月に一度、定期検診を受けていただきます。歯磨きなど日頃のケアに取り組んでいただくのはもちろん、継続的に定期検診を受けていただき、インプラント周囲炎(歯周病のような病気)の有無、歯並びや噛み合わせ、顎の異常、人工歯の緩みなどの確認を行ないます。
    定期検診を受けないと口の健康が損なわれ、インプラントを安全に長期間使うことができなくなってしまいます。歯科医師の指示に従い、必ず定期検診を受けましょう。

以上の治療の流れは一般的なものなので、症状などによっては上記の内容とは異なる場合があります。
不安な点やもっと詳しく知りたいことなどがある方は、お気軽にお尋ねください。